入れ歯(義歯)の痛み等でお悩みの方|福岡市南区の歯医者「わち歯科医院」

失った歯を補う、大切な入れ歯(義歯)
生活に欠かせない第2の歯、アナタにあった最適な歯をつくりませんか

入れ歯(義歯)治療とは?

皆さまが大切な歯を失った時の治療と多くの人が思い浮かぶのは、入れ歯(義歯)治療ではありませんか。
入れ歯(義歯)治療には、歯をすべて失った場合の「総入れ歯」、失った部分だけを補う「部分入れ歯」があり、またその中でも使用する素材などによって保険診療の入れ歯と自費診療の入れ歯に分かれております。 当院では、初めて入れ歯(義歯)治療を行う患者様には、まずは入れ歯に慣れていただくために、安価な保険診療の入れ歯を薦めております
保険診療の入れ歯の床部分(歯ぐきに接触する部分)はプラスチック製のものにかぎられるなどの制限がありますが、できるだけ患者様に適合した入れ歯を提供することを心掛けております。
また、入れ歯を製作するにあたっては、歯を削る等、残った歯への負担をできるかぎりかけないように治療いたします。

ご使用中の入れ歯でお悩みの方
今使用している入れ歯に、痛い・外れやすい・噛めない・食事が美味しくない等のご不満はございませんか?
当院では、現在ご使用中の入れ歯が合わないという患者様への、調整や作り直しにも対応いたします。
使用中の入れ歯からも問題点を把握いたしますので、今使用している入れ歯を持参の上ご来院ください。
他院でつくられた入れ歯にも対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
  • 汚れ
    材質や構造により違いはありますが、入れ歯は細かい傷がつきやすいため、使用していると歯垢や歯石等の汚れが付着してしまいます。
    特に歯石は歯磨きでは取れず、歯ぐきなど口内環境に悪影響を及ぼす可能性がありますので、定期的に歯科医院でのクリー二ングをお勧めします。
  • バネのゆるみ
    入れ歯についているバネは、使用しているうちにゆるんしまいます。
    ゆるんだままにしておくとパネのかかっている歯に負担がかかりやすく抜歯の原因となってしまいますので、早めの調整をお勧めします。
  • 人工歯の削れ、欠け
    入れ歯も人工物ですから、年月とともに人工歯が削れてかみ合わせが変化して歯ぐき等に負担をかけてしまいます。
    入れ歯の削れや欠けが気になったら早めに歯科医院への相談をお勧めします。
  • 入れ歯があわない
    入れ歯があわなくなる原因として、入れ歯の装着による顎の骨の吸収があります。
    あわない入れ歯の使用を続けていると、さらに顎の骨の吸収が進むため新しい入れ歯による治療も非常に難しくなりますので早めに歯科医院へご相談ください。
わち歯科医院治療風景

技工士と患者さんの“顔が見える義歯製作”

当院では、技工士が患者さんと直に接することが大切だと考えております。
現在は、昔は多かった院内技工をしている歯科医院があまり見られなくなりました。
そのため、入れ歯製作など技工部分は、外注にだすことがほとんどで、技工士が患者さんの顔を見たり口の中を見ることはほとんどありません。
つまり、技工士は歯の模型しか見ないで、入れ歯を製作しています。
入れ歯を製作する技工士が、義歯を作る工程(通常4・5回)のなかで1回でも2回でも直接患者さんのお口の状態を診察する事は大きな違いになります。
また、現在使用している義歯を診察するとともに、どこに不満があるのかを聞き新しい入れ歯の製作に活かしていきます。
義歯はできあがった後の調整も大切で、問題があれば技工士も立会いのもと調整を行います。
福岡市南区やその近隣にお住まいの入れ歯でお悩みの方、お気軽にご相談ください。
当院提携の歯科技工所  >>      入れ歯製造システム  >>

保険診療の総入れ歯・部分入れ歯

歯の健康イメージ写真

入れ歯には、保険診療と自費診療があります。
保険診療の入れ歯は、使用できる素材や入れ歯作りの工程に制限があるため、自費診療を勧める歯科が多いのが現実です。
わち歯科では、歯科技工士の立会いをはじめとし、保険診療の制限がある中でも、患者さんにご満足いただける入れ歯作りに取り組んでいます。
入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

総入れ歯

総入れ歯イメージイラスト

歯が1本も残っていない場合には、総入れ歯(総義歯)による治療をおこないます。歯茎と粘膜で入れ歯を安定させなければなりませんので、高度な技術が必要になる治療です。

部分入れ歯

部分入れ歯イメージイラスト

部分入れ歯とは、残っている歯に金属性のバネ(クラスプ)などをかけて人工歯のついた床を固定させる治療方法です。

自費診療の総入れ歯

自費診療では、保険診療では使用できない様々な素材を使用し、より快適な装着感を実現することが可能です。

グラデーションデンチャー

見た目
審美性
三重丸
耐久性
丈夫さ
丸
薄さ 三角
安定性 二重丸
食事の
しやすさ
二重丸
食べ物の
味わい
二重丸
備考  

グラデーションデンチャー写真

価格:10万円(税抜)

長所
・審美性に優れている

グラデーションデンチャー施術例

クリアレジンの透明感とピンクレジンのグラデーションにより、ナチュラルな審美性を実現します。

コンパクトフルデンチャー

見た目
審美性
丸
耐久性
丈夫さ
二重丸
薄さ 三角
安定性 二重丸
食事の
しやすさ
三重丸
食べ物の
味わい
三重丸
備考  

グラデーションデンチャー写真

価格:30万円(税抜)

長所
・違和感が少ない

保険診療の入れ歯の写真 コンパクトフルデンチャーの写真

【新製品のご紹介】
上あごの総入歯は、吸盤と同じ原理で歯肉にくっついています。
そのため、安定と吸着を得る為に、少しでも歯肉と接する面積を広くする必要があります。
そのことで患者さんによっては、装着による違和感や、喉の奥を刺激することによりおこる嘔吐反射につながることもあり、入れ歯を安定させるのが困難な症例も多々あります。
コンパクトフルデンチャーは、高品質な材料と高度な製作技術で、入れ歯を歯肉とピッタリ合うように製作します。
濡れているガラスとガラスをくっつけると密着して簡単にははずれません。
この入れ歯も同じ原理で唾液によって入れ歯と歯肉を密着させます。
そのため、上顎に接する面積を通常の入れ歯と比較して小さくすることができるようになりました。
今よりも気持ち良く義歯を使用したいと思われている方には最適な形態の入れ歯です。
※口腔内の状態によっては適応外となるケースもありますので、まずはご相談ください。

超精密重合レジン総義歯

見た目
審美性
丸
耐久性
丈夫さ
二重丸
薄さ 三角
安定性 三重丸
食事の
しやすさ
三重丸
食べ物の
味わい
三重丸
備考  

超精密重合レジン義歯写真

価格:15万円(税抜)

長所
・においがつきにくい
・変色しにくい

保険適用外の特殊なレジン(合成樹脂)を加熱加圧重合して製作される義歯床は、保険が適用されるものより気泡が少なくなるため、においが付きにくく、変色しにくいという特徴があります。また、気泡が少なくなることで硬度が高く破損しにくくなるため、多少薄い義歯床を製作する事が出来ます。
入れ歯の製作過程で起こる寸法の変化が、従来の製作システムと比べて極めて少ない特徴がありますので、より正確な入れ歯が製作できます。

金属床総義歯

見た目
審美性
丸
耐久性
丈夫さ
三重丸
薄さ 三重丸
安定性 三重丸
食事の
しやすさ
三重丸
食べ物の
味わい
三重丸
備考 コバルト製
20万円(税抜)
チタン製
30万円(税抜)

金属床総義歯写真

価格:20~30万円(税抜)

長所
・熱が伝わりやすい
・違和感が少ない
短所
・価格が高い

レジンよりも薄く作ることができるので、熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいです。また、違和感もほとんどありません。薄い割に強度が高く、床に落としても割れる心配はありません。
ただ壊れてしまった場合は金属という特性上修理が難しく、費用がかかります。

自費診療の部分入れ歯

部分入れ歯も素材によって特徴があります。患者さんのお口の状態に合わせて最適な義歯をご提案いたします。

ノンクラスプデンチャー

見た目
審美性
三重丸
耐久性
丈夫さ
二重丸
薄さ 丸
安定性 三重丸
食事の
しやすさ
三重丸
食べ物の
味わい
三重丸
備考 片側
10万円(税抜)
両側
20万円(税抜)

ノンクラスプデンチャー写真

価格:10~30万円(税抜)

長所
・目立たない
・柔らかいのでなじみやすい
・金具を使わないので周囲の歯への影響が少ない

ノンクラスプデンチャー施術例

弾力性に富むポリアミド樹脂を使用し、見える所に金属を使用しない審美的に優れた入れ歯です。
ひねってもねじっても割れない弾性があるので、薄くても割れずに安心です。

金属床部分義歯

見た目
審美性
丸
耐久性
丈夫さ
三重丸
薄さ 三重丸
安定性 三重丸
食事の
しやすさ
三重丸
食べ物の
味わい
三重丸
備考 コバルト製
20万円(税抜)
チタン製
30万円(税抜)

金属床部分入れ歯写真

価格:20~30万円(税抜)

長所
・薄くて壊れにくい
・熱が伝わりやすい
・なじみやすい
・菌の繁殖が少ない

レジンよりも薄く作ることができるので、熱が伝わりやすく、食べ物の温度を感じやすいです。また、違和感もほとんどありません。薄い割に強度が高く、床に落としても割れる心配はありません。
ただ壊れてしまった場合は金属という特性上修理が難しく、費用がかかります。

笑顔の夫婦イメージ写真

入れ歯製造システム【DSシステムSクラス】

入れ歯を作るシステムとして絶大な支持を得ている【DSシステム】の最新型【DSシステムSクラス】。
DSシステムは各方面でその優秀な適合性が認められ、日米で製法特許を取得しています。

入れ歯の歯ぐき部分は、レジン(合成樹脂)で作ります。
レジンは熱で固めるのですが、どんなに精密に成型しても、固める時に若干ではありますが縮んで形が変わってしまいます。
固め方によって、収縮や変形の程度に違いがあり、入れ歯を実際にお口に入れた際のフィット感を左右します。

鍋重合とDSシステムによる重合

レジンの固める方法として、鍋で茹でて固める方法が一般的に使用されておりますが、温度の管理が難しく、レジンの収縮や変形の原因となります。
DSシステムでは、機械で精密に温度管理をしながらレジンを固めることができるため、レジンの収縮や変形が少なく、患者さんにピッタリ合う入れ歯の製作が可能です。

また、DSシステム専用のレジンは、レジンに含まれる不純物を独自の製法で極限まで取り除いたピュアな樹脂でできています。

笑顔の家族イメージ写真

患者さんのお口にあった入れ歯は、歯茎との表面張力によりお口にピッタリとフィットします。
そのため、入れ歯が外れにくくなり、痛みや違和感がなくなるため、入れ歯をしていることを忘れてしまうと言われています。

福岡テクニカルラボ

当院提携歯科技工所

福岡テクニカルラボ写真

入れ歯の事なら・・・
福岡テクニカルLAB.にお任せ下さい。

弊社は、入れ歯に特化した入れ歯専門の歯科技工所です。
高い技術力と豊富な知識を持つ歯科技工士によって、一つ一つ症例に合わせて適合・噛み合わせ・クラスプ設計・着脱方向・審美的かつ機能的にデザイン性を兼ねた義歯をトータルコーディネートしています。
「噛めて」「笑えて」「話せる」デンチャーライフを送って頂きたいと考えている為、一人の技工士が責任を持って最初から最後まで一つ一つ丁寧に製作します。

福岡テクニカルLAB.につきましては、詳しくはこちらをご覧下さい詳しくはこちらをクリック

Copyright (C) 2018 わち歯科医院 All Rights Reserved.

PAGE TOP